悪化すると取り返しがつかなくなるかも

何より気をつけなければならないのは、虫歯や歯周病などが悪化して歯神経などに達した場合で、このような場合には機能を回復させることは非常に難しくなっているために、歯や神経を抜くなどということが必要になってくるのです。
これ以上悪化してしまうと、歯の根っこにも感染が広がってくるため、歯がボロボロになっていくこともありますから、早め早めの治療が重要だということはもはや言うまでもないのでしょうか。

また虫歯の治療が一回でできないものかと思う人は多いかもしれませんが、筋肉や骨の治療と一緒で、実際の治療の過程をからだの自然治癒に任せている部分も多いということに留意しておく必要があります。確かに、「何度も通って痛い思いをするのが嫌だ」という気持ちはよくわかりますが、筋肉や骨と一緒で、徐々に痛みをひかせていって徐々に直していくという気持ちで構えておくことが重要だと言えるのではないでしょうか。

歯科治療には、時間が必要であり、その点では、外科手術などとも大きくといっていいほど異なりますから注意をしておきましょう。

焦らず着実になおしてしまうことができたならば、以後はメンテナンスさえしていれば病気に再びかかる可能性は低いです。
また、このような不安点は、患者の多くが抱いているものだということを歯科医師自身も自覚していることが多いでしょう。