歯の状態は若いうちからの積み重ねで決まる

普段からブラッシングをしたり歯垢を除去するなど、しっかりとメンテナンスをしているかどうかによっては、50歳あたりでも人によってすでにこの時点で大きな差がついているということがあるようです。
たとえ自覚症状がなくとも歯周病は弱みをついて着実に進行していくことが考えられますから、つまりその前の30代や40代の時にしっかりと歯のメンテナンスをして、歯科医院にも定期的に通うなどしておくことが重要になっていると言えるのです。

働き盛りの30代や、40代などでは、働くだけでなく、家庭の事情など、様々な点で忙しく、自分自身の歯に関することまで頭が回らないという人も多いのではないでしょうか?
そのようなこともよく理解できますが、老後などにも健やかな気持ちで健康な歯で過ごすことを望むならば、しっかりとメンテナンスを続けておく必要があるのです。

ある歯科医師の話では、様々な治療方法が開発され、歯周病は治療可能な病気になってきつつあるとはいえますが、それでも、最も重要なのは、患者自身が普段、どのように歯を磨くか、という日常的なメンテナンスの重要性です。
いわゆる歯周ポケットと呼ばれる部分を、患者自身がどのようにしてケアしていくのかということは、歯周病を未然に防ぐ上で大きな役割を果たしているといえます、などと指摘しています。

すでに上述してきたように自分自身のメンテナンスでは限界があるにしても、このようにしてしっかりとブラッシングをしておくと、ある程度は防げるようです。それでも自分のメンテナンスには限界があり、どうしてもブラッシングがおろそかになりがちな部分があると感じたりした場合には、すぐさま歯科医院などの診察にかかりましょう。