歯周病が進行すると

歯周病にいたる場合、歯周辺に炎症が何度もおこります。
このような炎症を繰り返していってしまうと、歯茎のぐらつきが生まれてしまい、いわゆる歯周ポケットの出現にも繋がっていくのです。
ここまできてしまうと歯周病に相当近づいていると言えます。歯の周りの組織まで細菌などが進行してしまうと歯周病になってしまうため、いかに未然に防ぐかということが重要だということはおわかりいただけたのではないでしょうか?

歯周病が初期の段階では血が出たり、歯の周辺がぷっくりと腫れたりするためにわかりやすい変化があります。
これがさらに進むと、歯周ポケットが開いてしまうために歯茎が揺れ始めるなどして、分かりやすい変化があり、さらに重たいものでは歯が抜けてしまったりするようです。

特に、注意するべきなのは、重度の段階にさしかかる前までには必ず診察を受ける必要があるということです。
自分で違和感を感じたり、噛むことなど日常的な動作がしにくくなったと感じた際にはすぐに歯科医院にいって診察を受けてもらう必要があるといえるのではないでしょうか?

そして、何よりも肝心なのは普段のケアが重要であるということに尽きるのではないでしょうか。