歯周病

歯周病が具体的にどのような症状でどのように進んでいくのかということを見ていきましょう。

歯周病は、一般的に言われる歯の病気ではなくその周辺的な病気の一つですが、いわゆる歯を支えている様々な組織が崩壊させられてしまうことで、歯自体の自立にも影響を及ぼすことなどによってどんどん失われていくということになります。当然、歯を支える土台がなくなっていくわけですから、自然にがたついて行くようになってしまうのです。こういった段階はゆっくりとすすんでいくように思われがちですが、始まってしまえばあっという間です。

たとえ、歯周病を患ったとしても、初期的な段階で治療が完了すれば、完治することは簡単です。
ですが実際の治療のケースを見ると、相当に悪化した後に初めて歯科医院に通ったために、非常に悪化してしまっているということがよく見受けられるようですから、特に注意することが必要だと言えるのではないでしょうか?

重症化してしまった場合には、最悪、歯を抜く必要もあるようですから、早め早めの治療が必要だと言えるのです。
歯周病は、自覚症状がない病気の筆頭であるともいわれ、自分自身で自覚するような歯のぐらつきであったり膿が出てきたりするといった症状が出た頃には、相当に悪化している可能性が高いのです。
このような事態を未然に防ぐためには、特に重要となってくるのが普段の定期検診だと言えるでしょう。

さて、歯周病の根源的な原因を探すとすれば、ほとんどは歯周炎になると言われていることも多いのです。歯周炎は口の中に潜んでいる様々な細菌によって引き起こされるということは一般的に言われているのですが、このような歯周炎を起こしたりする厄介な細菌はいくつも存在し、あなたを攻撃する機会を伺っているのです。

しかし、あなたが普段しっかりとメンテナンスをしていれば大丈夫なのですが、食べ残しや歯のつまったものなどがあった場合に長時間放置され続けるとそのような養分を餌として大きく成長し、歯茎などを攻撃し始めます。これが繰り返されると、どんどんどんどん奥へと潜り込んで行くために、歯肉炎が悪化していくわけです。免疫と同じように、当然口腔内にも防衛作用があり炎症を起こしますから、この時点では晴れや出血などといった症状から歯肉炎が進んでいることがわかりやすくなります。