歯科医に相談する

治療に通わない時期などにどのようにして、患者自身が歯のケアをしていくのか?ということも重要になってきています。
そのため、このような点の、アドバイスがきちんとできる歯科医師は、かかりつけにするべきだと言えるのではないでしょうか。

また治療に関しても、歯の痛みに我慢できないなどという、非常に緊急性が高い、治療を除けば、患者自身にどのような治療があるかを説明し、複数の選択肢の中から一緒に選んでいくという態度ができている歯科医師は、それほど多くはありません。多くの患者をさばく必要が出てくる中で、このような心の余裕をもって接している歯科医師というのは、とても素晴らしいものがあると言えます。

歯科治療にかかわらず、医療の現場では治療計画というのはそもそも患者と一緒に立てるものであり、患者が知りたいことをしっかりと説明した上で決断をしてもらうということが重要になってくるわけです。