治療法の多様性

初期の治療の段階で、今回の治療は何回に分けてやることになりそうです、こういった方針で治療をしたいと考えています、費用はいくらぐらいを予定しています、といったような趣旨の話をして初めに治療計画をたてようとしてきた場合には良心的な歯科医院であると言っても良いでしょう。治療計画を立てて治療がどれくらいの回数になるのかということが分かる歯科医師は、腕がある歯科医師だと言えそうですし、患者にとっても、「何回通えば治るんだろうか」ということに関して不安を持たなくて済みますので安心して治療に臨むことができると言えるのではないでしょうか?

近年、特に話題になっている治療法としては、歯を削らずに、積極的に自分の歯を残していくという治療法が話題になっています。

従来の歯科治療では、虫歯になった部分をとにかく削り、そこにレジンなどを入れて埋めていく、または神経まで虫歯が達していた場合には、神経を消滅させたあとにすぐに抜いてしまうというイメージが先行し、とにかく歯科治療は痛い!辛い!と言う部分が強調されていたきらいがあります。しかし、治療が細分化され、高度に専門性が高まってきた現代においては、幅広い治療方法がとられるようになってきました。医学の進歩はまさに革新的に進んでおり、治療のスタイルが大きく変わりつつある過渡期にあるといってもいいかもしれません。

誰でも一度はかかることがあると言われる虫歯の治療などでは、虫歯の菌に対して直接アプローチすることができる薬剤の開発に成功したことなどによって、削る部分などが大幅に少なくなってきたりするように、治療方法が進歩しているという事実はあります。

また、歯の組織の再生などの技術も非常に高まっており、歯の温存を第一に考えた治療方法などは今後も大きく発展していくと考えられます。