虫歯になりやすい人とは?

現代では、小腹がすくと食べられるものが多く、グミやガムといったものを持ち歩いている人も多いのではないでしょうか? そのようなものを食事と食事の間に何度も口にしているようでは、虫歯の道が近づいていると言ってもいいかもしれません。なぜなら口の中に常に糖分があるという環境は、虫歯などの口の中に存在する様々な菌にとってみれば絶好の環境であるといえてしまう可能性があるからなのです。

そのため、特に注意しなければならないのは、むしろ、食後のブラッシングの前などにまとめて食べてしまい、なるべく、無駄な間食をしないということが重要になっていると言えるのではないでしょうか?そのような意味では、間食をするべきではないということではなく、こまめに取るべきではない、と言いなおすことができます。具体的には、食後であったり、一気に食べられる時に食べてしまった方が良い!ということは確実に言えるのではないでしょうか。

虫歯になりやすいという人は、このような甘いものが好きで間食をよくしがちな人という傾向があるのはお分かりいただいたと思いますが、それでは、歯周病になりやすい人というのはどのようなタイプの人なのでしょうか?

 

実は、歯周病になりやすいのは不規則な生活が関係しているようです。これは歯の筋肉だけではなく、様々なことに言えることですが、不規則な生活をしていると、体のバランスが崩れ、様々な部分で悪影響が出てくることは皆さんも容易に想像できるのではないでしょうか?口の中の環境についても全く同じことが言えます。

つまり、不規則な生活を続けていると、歯の筋肉が衰えるのが早かったり、さまざまな影響が出てきてしまう可能性はありますし、歯周ポケットが出来て大きく開いてしまったりというような悪影響が出てくる可能性があるということに留意しておく必要があるのではないでしょうか。