歯医者を見極めるには

現代の厳しい状況の中で、お金を稼ぐよりも患者をじっくりと見ることを優先するとして、1日の受け入れ人数を決めていたり、30分を一単位とする予約制をとって人数を制限したりしているということは、人道的に見ても非常に良心的であると言えるでしょう。

そういう意味で、患者サイドが、無下にキャンセルをしたりするなど、時間を取ってくれた歯科医院の良心を無駄にしてしまうようなことがあってはなりません。
あなたのために歯科医院は時間を割いてくれているわけですから、その点には、注意をしておく必要があると言えるのではないでしょうか。

他にも、その歯科医院が良心的であるかどうかを判断するポイントは、いくつかあります。これまでの治療の記録をしっかりと取っているのかどうか、ということです。
歯科治療の記録は、非常に重要な文献資料にもつながり、歯科治療に関する学会などで発表する際には、必須の資料となりますし、例えば、新しい薬や新しい治療法などの効果を判定するためには、より多くの症例を集めておく必要があります。
このような状況の中で、過去の患者の治療記録を破棄してしまっていたりするようでは、やや危険と考えられるのではないでしょうか。

小学生や中学生が学校で習ったことを復習するのと同じように、歯科医師だって、自分自身の治療に対してフィードバックを行って復習をすることもあるでしょう。
そのような中、実践的な現場でやりっぱなしにしてしまうと言う歯科医師は、なかなか自分自身の治療技術を上げるということは難しいと言えるのではないでしょうか。

患者サイドの気持ちとしては、ひとつの場所で、全ての治療を終えてしまいたいと考えるのが一般的であり、そう思うのが自然かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です