歯科医師とコミュニケーションの関係

従来はコミュニケーション能力などは治療の能力には関わらないと考えられている節があったわけですが、能力テストが導入されたということは関連性が認められているともいいえるわけですね。
当然、このような観点から歯科医院を判断することは、患者サイドにとってみれば非常に簡単で、最初の治療に訪れた際に、具体的な内容についての質問ができないようでは、帰ることを考えた方がいいかもしれませんね。

要するに、全体の治療計画を含めて、プラス面やマイナス面を話すことをいとわず、患者をよく考えた上で説明をされているかどうか?ということを患者自身が判断して行くことが重要だと言えるのではないでしょうか。
案外忘れがちなところとしては、その歯科医院が掃除が行き届いていて、清潔さが保たれているかどうか、ということは非常に重要です。

近年、歯科医院などは奇をてらったつくりになっているところもあったり、おしゃれな土地に建っているところもあったりするなど、見栄えを重視した建築になっている場面を、非常によく見かけますし、そのような歯科医院などが、インターネットやテレビなどでメディアに取り上げられているのも、よく目にすることがあるのではないでしょうか?

重要なのは、歯科医院の内部が清潔であるかどうかということです。
外がいくら豪華絢爛であったとしても、内部が汚くては全く意味がありません。
特に歯科医院は、粘膜に直接触れる治療をメインとして行うわけですから、様々な点で清潔さが保たれていなくては、通う気にはならないのは当然ではないでしょうか?

そういう意味で、このような清潔さは、あなたが実際に通ってみないと分かりませんが、大体は待合室などの埃のたまりかたや、トイレなどの汚さなどで判断できるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です