虫歯の治療

ここからは虫歯の話に絞って話しますが、予防歯科や歯のメンテナンスなどが大きく発達した現代であっても、多くの人が必ず一度はかかったことがあるともいわれてしまうぐらい感染率が高い虫歯は、悪化してしまうと、その歯だけではなく、周囲の歯にも影響を及ぼし、多くの歯を失ってしまう…という事態も引き起こしかねない怖い病気の一つです。
虫歯が進行しつづけてしまい、歯神経まで達すると、本格的な抜歯も考えなくてはいけない事態になってしまうため、普段から予防歯科に力を入れている歯科医院などに行って、ブラッシングのアドバイスを歯科衛生士にもらうなどして、しっかりと知識をつけて、日々のメンテナンスを怠らない姿勢が重要になってきていると言えますね。

一般的に言われるのは、まず歯が攻撃される場合は、歯の周りをおおっているエナメル質が溶かされるようですが、しっかりとケアをしていれば、唾液などに含まれる成分によって自然に修復されていきます。

虫歯の程度には様々な段階がありますが、初期段階ではいわゆる樹脂製の詰め物などを削った部分につけるなどして、数回の治療などで簡単に治ってしまうことが多く、非常に虫歯が浅い段階に止まっている場合には削らずに、まず様子を見ておく必要などもあると聞いたことがあります。
続いて、上述したエナメル質を虫歯の細菌が突破してしまった場合などは、やや専門的な治療が必要ですが、このような段階でも、樹脂製の詰め物などを詰めて、削った部分を埋めることで直す場合が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です