治療の回数

患者の、よく効く悩みとしては、「痛い思いをするのだったら一回で全ての治療を終えてほしいのにどうして数回に分けて治療をするのか?」という声や「一回で一気に治療をしてもらおうとしたら数週間後に来てくださいと言われて不信感が募った」という声も聞かれているようです。実際のところ、このような説明には、きちんとした理由があるということを、患者側もよく理解しておく必要があると言えるでしょう。歯の治療は、筋肉痛などと非常によく似ており、筋肉痛は1日でその痛みが取れるわけではなく、体の治癒作用に全て任せている部分があるということは分かるでしょう。歯科治療も、これとほとんど同じで治療の過程の多くの部分を、体の治癒作用に任せているということがあるということは、理解しておいて損はないのではないでしょうか。つまり、筋肉の痛みや怪我などと同じように、一回で全ての治療を終えるということはほぼ不可能であり、何度も何度も重ねていくことで自己治癒をサポートしていくという見方をしておくのが、一番ベストではないでしょうか。より具体的に言ってしまえば、歯科治療の最も一般的な病気とも言える、虫歯で考えてみると分かりやすいかもしれません。虫歯の場合、かなり悪い段階まで虫歯が進行していると、神経を抜く必要が出てくるのですが、この場合、治療をした日に神経まで抜いてしまうと、炎症を押し広げてしまい、症状のさらなる悪化を招きかねません。そのため、しばらくは薬などで炎症を抑えた後に、改めて治療を再開する、という方針を取ることが一般的なのです。ここで無理をして治療を進めてしまえば、状況の改善は見込めないということは、もうおわかりいただけているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です