治療の改善点

インターネットでは、治療する時の不満や治療に対する驚きの声などが聞かれることも少なくありません。最近、見かけた例では、歯科医師の方がずっとマスクを被っており、一度

も顔を見たことがなかった上、ほとんど話しかけてこないため、声も全く覚えていないなど認知されていないように感じて治療をしてもらうのが非常に不安だった、という声が聞かれることがあるようです。このような態度というのは、医療従事者としては言語道断と言い切ってもいいのかもしれません。歯科治療は非常に専門性が高く、患者とどのように向き合っていくのか、という部分を疎かにしては、お互いに不満なく治療を進めることは決してできないと言えるでしょう。そもそも、治療を開始する時点で、患者からどのように治療を進めていけば良いのか、というヒアリングをほとんどしていない、ということはかなり危険が伴っているというまでもありません。最初の治療で、患者がどのような点に不安を持っているのかということを聞いて、不安を解きほぐしていくような形で、進めて行くことが治療の前提条件であるとまで行ってもいいかもしれません。 このような中で、ほとんど治療の方法などを語らないまま、淡々と始めてしまうという人は歯科医師に向いてないとまで言ってしまってもいいのかもしれません。歯科治療の技術は大きく進歩をしていることが明らかな年代ですが、歯科医師自身というマンパワーの面で改善が見られなければ、これらの技術を適切に生かすことはできないというふうに考えても良いかもしれませんし、研修などを経て、コミュニケーション能力などをしっかりと維持しつつ、治療能力も高めると言う工夫が医療界全体に求められていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です