歯磨きで歯周病は治るのか?

歯周病を繰り返すたびに悩んでいる人の多くは、きちんと毎日歯磨きをしているのではないでしょうか。なぜ毎日きちんと歯を磨いているのに、歯周病を繰り返してしまうのでしょう?それは、歯磨きだけではプラークの除去が完璧に行うことが出来ないからと言えるでしょう。つまり、プラークコントロールが出来ていないために繰り返してしまうと言えるでしょう。しかし、歯医者さんへ行ってみると、ただ「しっかりと正しい歯磨きをしましょう」と指導されたりしませんか?歯科検診などでも、プラークテスターで歯垢を赤く染め出し、磨けていない部分を指摘されたりした経験もあるでしょう。その度に、自己反省されている方も少なくないのではないでしょうか。しかし、はっきり言って、セルフケアによって完璧にプラークコントロールを行うことは、ほぼ不可能と言えるでしょう。歯科医院に定期的に通って、歯周ポケットの洗浄や、専用の機械で綺麗に歯の表面を清掃してもらうと言った、プロによるプラーク除去でなければコントロールは不可能です。しかし、歯医者さんの中には、この一回のプラーク除去によって、口内の歯周病菌がすべて取り除いたものとしている人がいるようです。歯周病が治らないのは、私たちのセルフケアのせいでもなく、歯医者さんの治療のせいでもないということを知っておかなければならないのではないでしょうか。口腔内には、常に最近がいるというのが当たり前の状況であり、正しいセルフケアをしていても、完璧にプラークを防ぐことはできないのが当たり前でしょう。誰のせいにすることもなく、歯医者さんと連携して、理想的なプラークコントロールを行なっていくことが望ましいと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です