歯医者さんとの信頼関係

いくら毎日、毎食後、習った通りの正しい歯磨きをしていても、必ずと言っていいほど出来てしまうのが「プラーク」と言えるのではないでしょうか。たまに歯医者さんに行くたびに、磨き残しチェックなどをして、ちゃんと磨けていませんよと言われる人もいるのではないでしょうか。しかし、これは磨き残しではなく、歯磨きから歯科医院に行くまでの間に発生した細菌とも考えられるでしょう。口の中には、常に細菌がうようよしているのが普通と言われています。歯磨きをどれだけ丁寧に正しくこまめに行なっても、実はプラークはゼロにはならないということが言われています。これは、やはり、常に口腔内にいる細菌のせいであり、私たちのセルフケアの質とは全く関係ないと言えるでしょう。しかし、歯医者さん的には、自分たちの治療が悪いわけではないという主張から、私たちの磨き残しとして指摘するような傾向にあるようです。これでは、どれだけ頑張っても悪いのは私たちの磨き残しと勘違いしてしまうのも無理はないでしょう。プラークコントロールを考える際、歯医者さんに歯垢の存在を主張されても、仕方のない事であると理解しておくと良いでしょう。それなのにセルフケアのダメ出しばかりをしてくるような歯医者さんであれば、別の信頼できそうな歯医者さんへと乗り換えることも大切かもしれません。歯は一生使っていく大切な機関です。守っていくためには、私たちに寄り添って治療をしてくれる歯医者さんと信頼関係を持てるということも、健康な歯を維持していく大きなポイントであると言えるでしょう。少しでも不信感のある場合は、治療中の歯がない場合、定期検診などを別の歯医者さんにしてみるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です