歯磨きを楽しく続けるコツ

歯周病予防には、なんと言っても「プラークコントロール」は欠かせないケアと言えるでしょう。このプラークコントロールには、歯磨きなどのセルフケアの他に、歯医者さんで除去してもらうと言ったプロフェッショナルケアが大切であると言われています。定期的に歯科検診に行っている方はご存知かもしれませんが、プラークというのは、実はセルフケアだけではゼロにならないようです。プロによる除去でなければ完全に取り除くことは不可能であると考えられています。しかし、そう入っても毎日歯医者さんに通うのは、多くの問題が発生してしまうのが現実でしょう。そのため、定期検診とセルフケアの連携が重要と考えられています。しかし、この連携は、歯医者さんとの信頼関係によって大きく変化してしまうと言えるでしょう。例えば、歯医者さんで歯を赤く染められ、磨き残しの指摘などをされたことはないでしょうか。これは、歯周病の原因を作っているのは、治療しきれなかった私たちではなく、みがき残してしまっている患者さんの方にありますよというメッセージとも受け取れるでしょう。つまり、端的に表現すると「悪いのはあなたです」と言われているようなものです。こんなことを言われてはどうでしょう。逆に歯磨きを続けていこうという気が削がれてしまうのではないでしょうか。毎日一生懸命丁寧にケアしているのに、そんな否定のされ方をしては楽しくないのではないでしょうか。しかも、セルフケアでは完璧なプラークコントロールは出来ない事実も知ってしまっては、そんな歯医者に通う気すらしなくなるでしょう。質の良いプラークコントロールのためには、信頼できる歯医者を選ぶことが大切と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です