骨や歯を弱くしていく成分

近年、年を追うごとに骨組しよう症の患者さんが増えているという傾向が見られてきていると言われています。これは、糖分を多く摂取することにより、骨密度が低くなっているという原因が考えられています。飽食の時代、豊かさの象徴とも言える「食事」ですが、だからこそ、しっかりと摂取するものを選んでいかなければならないのも現実と言えるでしょう。糖分の摂りすぎは、食べ物の他に、飲み物からも多く考えられるでしょう。噛むこともなく、飲み込むだけなので直接的に「歯」に影響はないかと考えられがちですが、そうではありません。摂取すること自体で、カルシウムが失われていくため、歯や全身の健康に大きく影響してくると言えるのではないでしょうか。カルシウムが失われると、筋力の弾力も低くなり、体の抵抗力も弱くなるため、疲れやすくなったり、近視や背骨が変形する病気などにもつながると考えられるでしょう。また、骨折しやすくなったり、鼻血が出やすくなる、さらには白血病などの原因にもなるという事がわかってきているようです。糖分と同様に気を付けたいのが、体を酸性に傾かせる食材でしょう。砂糖と同様、強酸性食品として考えられているのが、インスタント食品に含まれる酸化防止剤でしょう。こちらも体を酸性に傾かせるため、インスタント食品の摂りすぎにも注意が必要と言えるでしょう。歯の健康と同時に、体を強くしていくことも併せて考えた時、出来るだけ体の喜ぶ食事を心がけたいのではないでしょうか。歯医者さんなどでも食事についてアドバイスされるのは、直接的な原因からではなく、こういった間接的な影響があるからという事がわかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です