歯とビタミンの関係性

糖分を摂取するということは、直接的にも間接的にも「歯」に影響を及ぼすことは、なんとなく想像がつくのではないでしょうか。では、ビタミンはどうでしょう?歯との関係性はあまりないように思われるのではないでしょうか。しかし、体内で砂糖がエネルギーに変わるときには、実は大量のビタミンB1が消費されていると言われています。ビタミンB1が不足すると、集中力が下がったり、イライラしたりといった症状が見られるようです。近年キレる子どもが増えているのも砂糖の摂りすぎが原因では?という考えも多いそうです。砂糖の過剰摂取と同等に、ビタミン不足という点も、多くの問題を含んでいると言えるでしょう。ビタミンが不足してしまうと、エネルギーに変換されなかった糖分はどんどん体に蓄積されてい区でしょう。無果汁飲料や炭酸飲料を控え、糖分の摂取ばかりを考えても、そもそもビタミン不足では、体の働きは促せない事がわかっています。糖分を分解し、エネルギーのサイクルを活性化するためにも、しっかりとビタミンの摂取も心がけていきましょう。直接的に作用しなくても、歯や骨を強くしたり、体の良いサイクルを生み出し、健康を促進していくためにもビタミンは重要であるという事がわかるでしょう。歯磨きばかりを頑張りがちなセルフケアですが、このように、食品から摂取するものを理解し、選んでいく事で、歯や体の健康を考えていくことも重大なセルフコントロールと言えるのではないでしょうか。これに加え、定期的に歯医者さんを受診するなどして、いつまでも自分の歯で美味しく食事を続けていく事が、人生をより豊かなものとしてくれるのではないでしょうか。いつまでも丈夫な歯と体をキープしていける事が望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です