虫歯菌の感染

虫歯の原因となる主な虫歯菌に、ミュータンス菌というものがあります。糖質を栄養として増殖し、さらに糖質を酸に分解をして歯(エナメル質)を溶かしていきます。この菌を減らし、口内を中性に保つことで虫歯を予防できます。

ミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんは持っていませんが、親から子どもへと移ります。原因は、スプーンを共有するなどで、親の唾液が移ったことです。生後1歳半~2歳半の期間は乳歯の生え始め~乳歯の生え揃う時期で感染しやすく、歯科関係者は「感染の窓」と呼んでいるそうです。この感染さえ気を付ければ、赤ちゃん自身では虫歯のリスクは低いとされています。まず、赤ちゃんは唾液が多いため、洗浄作用が高く虫歯になりにくいとされています。また、唾液によって再石灰化も促進されますので、初期虫歯になりかけてもすぐに回復をします。

感染を防ぐためには、親自身がしっかりと注意をしなければなりません。まず、大人の使ったスプーンを使わない、息を吹きかけての冷ましを控える、噛み与えをしない、うがいのためのコップを別々にする、などの注意が必要です。また、家族に虫歯が多ければ、虫歯が感染しやすいとも言われているそうです。親自身がしっかりと歯磨きをして、虫歯を防ぎましょう。特に妊娠中の母親は、体質の変化やホルモンバランスの関係で虫歯になりやすいので注意が必要です。また、育児中も歯磨きを端折ってしまうことが多いようですが、自分自身の歯のケアも忘れず行いましょう。

初期の段階でミュータンス菌が移らなければ、それ以降は虫歯になりにくい体質になります。虫歯は、あくまで「感染症」のひとつです。一生に関わることですので、しっかりとした対策が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です