乳歯の虫歯治療

人間の歯の生え替わりは一度きりで、乳歯はいずれ抜けて、永久歯に生え替わります。後に永久歯に生え替わるからと、乳歯のケアを怠ることや、虫歯を放っておくことは絶対にしてはいけません。口内に発生した虫歯菌を放置しておくと、菌が増殖してしまい、永久歯が生えた時の虫歯の原因にもなります。また、虫歯が悪化することで早い時期に乳歯が抜けてしまうこともあり得ます。乳歯が早く抜けてしまうと、永久歯が正しい位置に生えることができず、歯並びを悪くする原因になってしまいます。乳歯は、永久歯を正しく生やすために役立ちますし、発音を助ける、顔の形を整えるなどの役割を持っています。乳歯は、表面のエナメル質が十分に強化されておらず、また、エナメル質や象牙質の層が薄いために虫歯の進行が早くなっています。虫歯を発見した時点でかなり進行している可能性が高いので、定期的に健診を行い、予防と早期発見に努めなくてはなりません。

乳歯が生えた時に大切なことは、子どもが「正しい歯磨き」を教えることです。歯磨きは一生行わなくてはなりませんし、子どものうちから習慣にさせなくては苦痛になってしまいます。まず、どうして歯磨きが必要なのかをしっかりと理解をさせましょう。歯ブラシに慣れることから始めていき、「食べたらすぐに歯を磨くこと」「同じ歯を何度も磨くこと」を教えていく必要があります。乳歯の虫歯を防ぐために、フッ素入りの歯磨き粉を使用することや、歯科でのフッ素の塗布も有効です。歯ブラシだけではなく、デンタルフロスなど補助的な物も多く市販されています。なるべく早い段階から使いこなせるよう、仕上げ磨きの時から使用するなど、早め早めに慣らしていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です