訪問歯科診療と高齢者の健康維持

老人介護施設などで、働いている人々には、当たり前の事実であるとは思われますが、高齢者が無くなる原因の中で、肺炎はトップクラスであると感じているのではないでしょうか。高齢者にとって、肺炎にかかる事は、生命を脅かす死因となりかねないのです。介護を必要としている高齢者と同居しているようなご家族は、何よりも肺炎から高齢者を予防するような生活環境を、第一に考えていく必要があります。高齢者の多くは、飲み込む力が弱っています。ですから、介護状況に合わせた食事の介助を行う事が、介護施設などの現場では、大変の神経の使う仕事の1つであるとされています。誤った食事の介助を高齢者に行う事で、「誤嚥」が発生してしまうからです。高齢者が誤嚥してしまうと、場合によっては、そのまま呼吸困難となってしまい、生命の危機を招きかねません。その他には、誤嚥してしまった事が原因となり、気管や肺に細菌が入り込み、肺炎を起こしてしまうケースが大変多いようです。高齢者に誤嚥はつきものですが、誤嚥の発生を甘く考えていると、生命を脅かす原因へと発展しまうという厳しい状況に追い込まれてしまう可能性を秘めています。老人介護施設などに入所されているご高齢者は、要介護である事がほとんどですので、歯科クリニックなどに自ら通院し、口腔環境の定期検診を受診する事ができないようなケースがほとんどです。そのような、高齢者施設などを訪問し、自宅や施設にて、歯科診療を行っているのが、「訪問歯科診療」であるのです。高齢者のご縁を予防する為には、口腔環境の定期検診は、大変重要な取り組みとされています。また今後、超高齢化社会に突入した日本の基盤を支えてくれる医療現場の在り方が、訪問診療と呼ばれる姿でるかもしれません。高齢者が、高齢者を介護する事が、日常的に現実として、日本社会の当たり前になっていく世の中であります。医療の在り方をはじめ、皆さんの生活環境が、今までの常識とは、少しずつ変化していく兆しをみせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です